借入

MENU

お金の借入方法|あなたのベストな借り入れとは?

日常生活の中でも色々な場面でお金を借りたいという経験は誰にもあると思います。
たとえば将来の為に住宅を建てたい、子供の教育だけは充実させてあげたいという目的が有る場合は銀行の目的ローンでお金が借りられます。

 

しかし、給料日前に財布の中身が乏しいので少しだけ借りたいとか、今月は急な出費が重なったので給料日までお金を借りたいというような場合、どこで借りるのがよいのでしょう。

 

身内や友人を頼るという方法もありますが、この方法は簡単に借りられますが、お金が原因でトラブルになり、人間関係が崩れてしまったというのはよくある話です。
そういった時は、キャッシングを利用すれば手軽で、誰にも迷惑をかけずにお金が借りられます。

 

知合いから借りる方法

お金を借りる方法はさまざまな方法があります。
お金を借りる方法としてまず思いつくのが、身内や友人から借りる事を考えます。

 

知り合いからお金を借りる時は金利も付きませんし、少しのお金なら催促されることもありません。
借りたほうは「これくらいならいつでもいいじゃない」と思っているかもしれませんが、貸した方はたとえ少額であっても口には出しませんが「いつ返してもらえるのだろう」ということが気になるものです。

 

そういった思いの違いで溝ができ、返してもらったとしてもしこりが残るもので、お金が原因で人間関係が崩れるということがあります。

 

国からお金を借りる

国がおこなっている世帯向けの融資制度に「生活資金貸付制度」があります。
長びく不況から会社が倒産し、リストラにあってしまったというかたのための支援や、身体障害者世帯の日常生活に必要な費用、高校や大学などの入学資金や授業料、高齢者を対象にした不動産担保による生活費の貸付などがあります。

 

申込は地域の社会福祉協議会で申込ができますが、単にお金に困ったからといって申込できるものではありませんし、申込には多くの条件をクリアする必要があります。

 

銀行でお金を借りる

多くのお金を借りたい時は、銀行で借りるのが一般的です。
銀行にはさまざまな商品が用意されているので、目的に応じてお金が借りられます。

 

目的ローンで借入をするには、多くの書類を用意し、保証人や担保設定をしなければ融資が受けられません。
審査も慎重におこなわれるので時間もかかり、住宅ローンの場合は不動産購入代金とは別に数十万円以上の諸費用が必要になります。

 

しかし、低金利で借りられるのが目的ローンのメリットでもあります。

 

また、高齢者を対象にした「リバースモーゲージローン」というのも注目されつつあります。
この商品は年金生活者などの収入や現金は少ないが、持ち家という不動産を資産として持っている高齢者を対象にしたもので、老後の生活資金に充当できることや、住宅の改修資金などが必要になった場合に、自宅に住み続けながら融資を受けられるという商品です。

 

融資の受け取りは一括で受け取る、毎月受け取る、毎年受け取るなどの受け取り方法があります。
返済は死亡時に担保になっている不動産を処分することで一括返済をします。
ただ、このローンは不動産の評価格が50%〜70%と低いことや、遺産相続で問題になることがあります。

 

手軽に借りられるキャッシング

お金を借りる方法はさまざまな方法がありますが、日常生活で使う程度のお金なら手軽に借りられるキャッシングの利用を考えてみてはどうでしょうか。
キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンで申込ができますが、それぞれに違いがあるので、その辺を充分理解しておくことが重要です。

 

消費者金融のキャッシングは、銀行に比べて比較的審査がとおりやすく、申込から融資までの時間は1時間程度で終わるので、最短その日に申込んでその日に融資が受けられる「即日融資」に人気があります。

 

「今日中にお金を用意しなければならない」とか「財布の中身が乏しいので給料日前の一時的な借入がしたい」という場合は、銀行に比べて少し金利が高くなりますが、消費者金融のキャッシングがおすすめです。

 

金利が高いと言っても、短期で返済をする場合、それほど影響ありませんし、借入額や借入期間によってはコンビニATMの利用手数料より安い金利で借りられます。

 

銀行カードローンの中には即日融資が可能な銀行もありますが、銀行の審査は消費者金融に比べてきびしく、審査時間もかかるため実際に即日融資ができる銀行は限られます。
銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低く、銀行でお金を借りるという安心感がありますので、低金利で多くのお金が借りたい時は銀行カードローンがおすすめです。

 

借りる前に返済シミュレーション

お金を借りるときに考えなければならないことは「いくら借りられるか」より「いくらなら返せるか」ということが重要になります。

 

過去には「借りたら何とかなる」といった安易な考えでお金を借りてしまい、返済ができなくなると返済の為に新たな借入先でお金を借りるといった自転車操業に陥り、やがて返済ができなくなり、自己破産するしかないという利用者がいました。

 

こういったことにならないためには「どれくらいまでなら返済できるか」ということがもっとも重要になります。

 

そのためにもキャッシング会社のホームページに「返済シミュレーション」がありますので、それらを使って無理のない返済計画を立ててから申込しましょう。